中小企業の人事評価

社員がみるみる伸びる仕組みのつくり方、運用のしかた

ステップ④…賃金・賞与検討会議

ステップ④…賃金・賞与検討会議

賃金・賞与検討会議

このエントリーをはてなブックマークに追加

この検討会議は、評価結果と賃金・賞与・昇給の整合性・妥当性を一人ひとりと全社員のチェックし、一人ひとりはもちろん、全社員の納得を得るかどうか、全体の場バランスはどうかを検討します。

また、多くの場合、評価基準に連動して、賃金を決めて行くと金額が下がってしまう人がほとんどです。

現状の仕事のレベルが落ちたわけでもないのです。

これでは社員の士気にも大きく影響を与えてしまいます。

下がってしまう要因は、“将来の理想の社員像”を実現するための評価基準なのですから、明らかに現状のレベルより高い内容が含まれているので、どうしても評価結果が低いものになってしまうのです。

これを防ぐのには、運用ルールを一定期間、「評価結果一覧表」の最下部にある「判断基準」を190点以上210点未満の「B」を1段階下げて、180点以上200点未満を「B」を中心として他の評価基準をずらして、全体を緩やかにします。

あるいは、賃金体系の全体をランクアップさせ、現行の支払っている賃金に近づけるようにします。

いずれの方法も一定期間とし、次回の評価時に検討しなおします。

また、この状況も全社員に、評価制度発表会で発表します。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です