中小企業の人事評価

社員がみるみる伸びる仕組みのつくり方、運用のしかた

人材が魅力ある会社をつくります

人材が魅力ある会社をつくります

人材が魅力ある会社をつくります

このエントリーをはてなブックマークに追加

人材投資が会社発展の基礎・全体をつくります。

●「ヒト」への投資は利益を生み出す源です

前々項目で「ヒト・モノ・カネ」の順番でという説明をしました。

それでは、「ヒト」への投資を優先させることが会社にどのような利益をもたらすのかを解説しましょう。

人材投資をすることで社員のモチベーションをアップさせ、同時に人事評価制度を通じた人材育成で社員が成長していきます。

そのことによって顧客や取引先に、より質の高いサービスや付加価値を提供できるようになります。

顧客の満足度は高まり、優先的に良い情報を与えてくれます。

この結果、売り上げや利益が向上します。

サービスのレベルが上がることで、顧客や取引先のレベルも上がって、さらに高い収益をもたらすことになるのです。

ですから、人材への投資がまさに理想的な会社発展の活動につながることが、容易に理解いただけると思います。

最終的に会社全体の付加価値の増大につながっていくのです。

●質の高いサービスを提供することで、顧客や取引先が自然発生的に集まってくるのです

こうして、企業全体の付加価値が高まった会社はどうなるかというと、当然のように業績が好調に成長します。

このような会社は、誰が見ても、何を取っても活気があり、「元気」と言う言葉では言い表せない、なにか、「輝き」を感じるのです。

このなにかの輝きは、さらに優秀な人材が集まり、顧客が集まるなど、取り巻く状況の環境が惹きつけられてくるのです。

あなたの会社の周りが、勤めたい、取引したいと言ってくれる状態なのです。

このように、人事評価を中心にした人材投資で、実際に、各地の地域で圧倒的な人気の会社は、続々と生まれているのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です