中小企業の人事評価

社員がみるみる伸びる仕組みのつくり方、運用のしかた

運用は、設計よりも全力で実施します

運用は、設計よりも全力で実施します

運用は、設計よりも全力で実施します

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクト成功の鍵は運用にあります。

人事評価制度の運用は6つのステップで実施します

人事評価制度の運用ステップは次の通りです。

ステップ①評価の実施…評価基準に基づいて評価を行なうプロセスです。

ステップ②評価結果の集約・分析…評価結果の入力とそれに基づいた分析をし、被評価者ごとの「フィードバックシート」、評価結果をまとめた「評価結果一覧」を作成します。

ステップ③評価決定会議…評価者が集まって、部下の評価結果を調整するための会議で、非常に重要なプロセスになります。

ステップ④賃金・賞与検討会議…決定した評価に基づき、社員一人一人の昇給や賞与額を決定するための会議です。

ステップ⑤育成面談…評価結果を本人に伝え、それに基づいて上司と本人とで次期目標を明確化します。本人の成長につなげるために非常に重要な育成支援の場です。

ステップ⑥達成度チェック・支援…次の評価までの期間、評価者は部下の目標・役割の達成度を定期的にチェックしていきます。

しかし、一般的には評価制度の一つとしてとらえられていない場合が多かったのですが、これがなければ仕事上の成長にはつながりません。

評価制度を成果に結び付けていくためには、最低この6つのステップが必要です。

もちろん、全てがうまく実施されていないと、評価制度が運用されているとはいえません。

それでは、主な重要なステップを中心に、それぞれのポイントを解説していきます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です